理学療法士の思考

群馬の理学療法士です。仕事、勉強、投資、趣味などなどいろいろな情報発信をしていきます。

理学療法士の所得:本業+副業でどこまでいけるか・・・

こんばんは。本日は、同期の結婚式に行って参りました。すごく楽しく、幸せな時間であったと思います。プライベートの充実!大事です。

 

さて、今日は所得面について考えていきます。

理学療法士はどこまで稼ぐことができるのでしょうか。

私は、本職のみでは限界があるのではないかと思います。

理学療法士の平均年収は約406万円(平均年齢31.8歳、平均勤続年数5.3年)という情報があります。

年収は

ボーナスが二か月分年二回支給の場合で考えると

400万→約20万

500万→約25万

600万→約30万

となるそうです。

どの程度昇給が期待できるのか定かではありません。

サラリーマンの平均年収は410万円程度らしいのでそれよりも下回っています。理学療法士は全体的に年齢が低い傾向があるため、そこまで低いわけでもないかもしれませんが、私の病院から考えて、ある程度限界値があり、そこまで期待できるわけでもないのが現状のようです。

頑張って600万くらいを目指せれば十分うまくいっていると考えられます。

 

そこで、現状の所属のスタッフのバランスと年齢的なところを加味するとしばらくは600万へ到達することは困難と考えられます。現状としては5年くらいかけて500万に届くかどうか微妙でしょう。

 

そこで副業について考える

私の実行している副業は

アフィリエイト

・アマゾンマーケットプレイス

ヤフオク(最近あまりやっていない)

です。全部合わせても月2000円程度しか収入になりませんので、まったくもって副業といえるレベルではないですね。

しかしながら、今後の可能性はまだまだあると考えており、ブログの目的をもっと絞り、SEO対策などもしっかりやっていくことで収益を伸ばしていくことができるといいのかなと思います。

副業で成功している人を考えるとそれほど天井効果というものがなく、上には上がいるような世界だと思います。今後、副業についてレベルアップを図っていきたいところですね。副業で100~200万程度の収益を図りたいと思っているので、月10万前後の収益が目標になると思います。これは、かなり難しそうですし、すぐすぐにはできないと思いますが、徐々に対策したり、勉強していきたいところです。

 

まとめ

本業→500~600万

副業→100~200万

合計600~800万を5~10年かけて目指していきたい笑