理学療法士の思考

群馬の理学療法士です。仕事、勉強、投資、趣味などなどいろいろな情報発信をしていきます。

趣味について考える

こんばんは。今日は仕事休みでしたので、もう仕事のことは忘れて、休日を満喫することにしました。仕事のことばかり考えているのはよくないことだと思います。いったんゼロにして、リセットすることで仕事もまた頑張れるのかなと思います。

 

趣味とは何なのか?

仕事以外での生きがいの一つとして趣味があると思います。私の場合はランニングやロードバイクですね。あとはカメラとか旅行にも興味があります。

ここで世間に目を向けてみると、アマチュアという領域において、本格的に取り組んで知る方々がいることに気づきます。

例えば、マラソンで有名な埼玉県庁の川内選手は、最近プロに移行しましたが、それまでは、埼玉県庁で働きつつ、帰宅後の時間や休みの時間を活用して、本格的にマラソンの練習を実施し、世界大会やボストンマラソンでプロに交じって活躍をしていました。また、先日読んだ最強ホビーレーサー6人が教えるロードバイクトレーニングの中に出てきた6人についても仕事とは別で本格的にロードバイクの練習をして、大会で優勝したり成績を上げている方々が紹介されています。

つまり、これらのことを踏まえると、趣味といっても、本気で楽しんでいる人もいるのだということがわかりました。そして、突き詰めていけば、仕事をしながらロードバイクやマラソンをしている人の中でのレースで優勝するようなことも可能性としてあるのだということが感じました。

 

私の場合

私の場合、現状としては仕事が中心で今まで、勉強や仕事術、ビジネス、株式、資産運用などについて時間を費やしてきました。それらはなかなか成果に結びつかないのですが、昨年度あたりから徐々に今までの勉強が結果としてついてきている部分が出てきたような気がします。

趣味について振り返ると、やはり趣味についても楽しみたいという気持ちは強く、毎年趣味についての目標も立てていたのですが、仕事や勉強が忙しくなると趣味を犠牲にしていたといっても過言ではありません。

今までを振り返るともう少し趣味や生活にも時間をかけて行きたいなと思います。それと当時に今までゲームをしたり、疲れて何もせずだらだら過ごしていた時間を、もっと活用していくことが重要になるのかなと思います。昨年度試験を3つ受けたこととiphone7をなくしてしまった事件があったのですが、この2つのイベントにより、スマホゲームの過去のデータがすべて飛んで、新しいスマホでゲームを最初から少しやりましたが、面白くなく、また試験が忙しくなったことにより、完全にスマホゲームから卒業することができました。これは、ものすごくよかったと思っています。スマホをなくしたのは損失と思いましたが、意外にプラスの部分があったことに気づきました。

こうして、できた時間が活用できるはずなのです。

 

では、どうするか?

基本的な思考としては、仕事より趣味をやりたいのが普通です。

仕事が趣味というのもあるかもしれませんが、仕事は出勤して行うので家でも仕事をしていたら、仕事しかしていないので、疲れてしまいます。

なので、スケジュールの埋め方としては趣味に使う時間や楽しいことでスケジュールをまず埋めていき、その空いた時間で勉強や仕事関係のことをやっていくことが理想的かなと思います。やりたいことがあるから、やらなきゃいけないことを早く効率的に終わらせたいと思うことが重要なのだと思います。

まとめとして、今後のスケジューリングとして、趣味優先の概念を取り込んでいこうかなと思います。